ホーム / 学科の紹介 / 研究室・教員

研究室・教員

建築学科の特別研究(卒業論文)指導を担当する研究室(講座・分野)を紹介します。
講座・分野名をクリックすると詳細がご覧頂けます。

研究室一覧

工学研究科 建築学専攻(工学部兼担)

講座/分野教授准教授助教

建築保全再生学

林 康裕

 

杉野 未奈

建築設計学

 

 

 

建築設計学

 

平田 晃久
前田 昌弘 (講師)

 

生活空間設計学

竹山 聖

田路 貴浩

小見山 陽介 

建築環境計画学

 

 

 

建築環境計画学

三浦 研

吉田 哲

守山 基樹

生活空間環境制御学

小椋 大輔

 

伊庭 千恵美

建築構造学

大崎 純

荒木 慶一

木村 俊明 

人間生活環境学

神吉 紀世子

石田 泰一郎

 

建築史学

山岸 常人

冨島 義幸

 

建築構法学

西山 峰広

谷 昌典

 

建築生産工学

 

 

 

建築社会システム工学

 

金多 隆

 

空間構造開発工学

 

聲高 裕治

高塚 康平

環境材料学

金子 佳生

 

佐藤 裕一

居住空間学

 

柳沢 究 

 

都市空間工学

原田 和典

 

仁井 大策

環境構成学

 

 

 

音環境学

大谷 真

 

地盤環境工学

竹脇 出

辻 聖晃

藤田 皓平

防災研究所(学内非常勤)

講座/分野教授准教授助教

建築防災工学

 

 

 

建築耐震工学

池田 芳樹

倉田 真宏

 

建築安全制御学

川瀬 博

西野 智研

 

風環境工学

丸山 敬

西嶋 一欽

空間安全工学

 

 

地震環境工学 松島 信一
都市防災計画学 牧 紀男

地球環境学堂 地球親和技術学廊(工学部兼担)

講座/分野教授准教授助教

人間環境設計論

岡﨑 健二

小林 広英

落合 知帆

研究紹介

建築学専攻・建築保全再生学

人間が生活する建築物および建築物群からなる生活空間を、総合的、社会的および人間的観点から捉え、災害に強く持続性のある快適なものにすることを目的とする。地震や火災などの災害の実態把握と評価法、災害軽減や持続性を付与するための手法確立と実践の手段をソフトおよびハードの両面から実現するための教育と研究を行う。また、社会や産業のニーズに応じた実践的教育・研究を推進する。

建築学専攻・建築設計学

建築と環境との関係を見据え、再生や保全を含む建築設計における思考と実践の諸相を分析することによって、具体的な創作技術としての設計方法論、設計意図とその具現化の過程における論理性や革新性を考察する建築意匠論、及び建築とその存在の意味を追求する建築論を研究している。

建築学専攻・生活空間設計学

社会生活の基盤としての建築空間を対象とし、その現実的な諸様態を考察するとともに、生活空間そのものの意味や成立過程を検証する。これによって、有機的で多様性に満ちた生活空間の設計理論の構築と実践に関する教育・研究をおこなう。

建築学専攻・建築環境計画学

ライフサイクルを通して、社会性、芸術性、機能性、経済性の点で望ましい建築を含めた構築環境を創造するための方法論に関する教育と研究をおこなう。すなわち、建築および構築環境が満たすべき高度かつ多様な人間要求を解析し、生活空間を創成する計画や設計における諸条件の総合的な体系化とその方法論に関する研究をおこなう。

建築学専攻・生活空間環境制御学

熱・空気を中心として、安全性とアメニティを保証する生活環境を創出するための必要条件を明らかにし、総合的な環境調整と環境制御の基礎科学を展開する。さらに要求される環境条件を実現するための諸設備の理論と計画法を追求する。

建築学専攻・建築力学

安全で合理的な建築構造を実現するための基礎研究として、構造物の挙動解析法、崩壊挙動や臨界現象の解明、限界状態に基づく耐震設計法、種々の要求性能を満たす構造物を設計するための力学理論の研究をおこなう。

建築学専攻・人間生活環境学

感覚・知覚・認知はもとより前注意的な空間図式や身体運動、集団行動、そしてこれらの発達過程や文化的相違など、生活環境にかかわる幅広い人間行動の心理学的、社会学的、精神医学的等の諸理解にもとづき、安全で使いやすく、安らぎのある、人間にとって真に望ましい生活環境のあり方を追求する。そしてこの人間尊重型の生活環境を具現化するための環境構成技術や設計手法について研究・教育し、新たな価値観の共有が差し迫った課題である21世紀の社会の要請に応える。

建築学専攻・建築史学

歴史学と日本建築史学の方法を踏まえ、日本建築を社会構造・精神文化・生産などの社会の諸側面との関連の中で捉え、そうした理解の上に立って、歴史的な建造物の保存・継承・再生の方法を研究、教育する。また、人と社会と自然にとって最適な環境を創出するために、生活空間の歴史と文化を総合的に理解することを目指し、歴史学的立場から日本と世界の都市・建築の諸相、自然と人と社会の相互作用、空間構成の理念と方法を研究、教育する。

建築学専攻・建築構法学

地震、風、雪、常時荷重及び各種環境外乱に対して、安全で持続性のある建築構造空間を構築する為の研究をおこなう。コンクリート及び鋼等の構造材料理論、これら材料よりなる構造部材や構造物の力学理論と設計理論及び高機能材料や新構造法に関する教育・研究をおこなう。

建築学専攻・建築社会システム工学

建築生産活動を構成する主体とその役割、これらが形成する建築生産システムを対象として、建築生産活動の計画・管理技術やプロジェクトマネジメントの体系に関する国際的・学際的な研究、ならびに建築基礎構造の設計施工に関する研究をおこなっている。

建築学専攻・空間構造開発工学

地震などの外乱に対して、多様化・高性能化する要求を満足する構造空間を開発・保全するために、鋼・コンクリートなどの構造材料の特性を最大限に発揮させる構造構法、構造部材とその接合システムの臨界挙動や崩壊挙動に立脚した解法および設計法を確立するための研究をおこなう。

建築学専攻・環境材料学

省資源・省エネルギーの観点から、建築物や各種施設の建設・性能維持・廃棄の各段階を総合的に評価した、環境保全型建設材料、構造技術に関する教育・研究をおこなう。

建築学専攻・居住空間工学

人間居住についての多面的考察をふまえ、住宅から都市空間にいたる居住空間の構成原理を解明するとともに、居住空間の現代的再編・再生を目的とした住居・住環境計画、設計、整備、運営などに関わる学理、方法、実践、社会システムなどの研究・教育を行う。

建築学専攻・都市空間工学

地球温暖化を引き起こす都市・建築と人間活動との相互作用を解明し、エネルギー使用と人間の健康や快適性かつ安全保持の立場をふまえた、調和ある持続的な都市・建築空間の創出を目指す教育・研究をおこなう。

建築学専攻・環境構成学・音環境学

居住空間の質を決定する要因としての音環境について、より複雑化・多様化する都市・社会に生活する人間にとっての最適な音環境の設計、及び、より積極的な音環境の創造に向けての教育・研究をおこなう。

建築学専攻・環境構成学・地盤環境工学

地震・地盤環境の視点から、広域的生活空間の災害環境を解明し、安全な建築・都市空間創出を目指す研究・教育をおこなう。建築・都市施設の設計のための設計用地震動モデルの構築法および建築・都市施設と地盤との連成モデルの解析法・設計法に関する最先端の研究・教育をおこなう。

建築学専攻・建築耐震工学

地震に対する建築物の安全性と機能性確保を目指し、強震動下における建築物の応答・損傷・崩壊過程、建築物が有する損傷限界や安全限界指標、耐震性能向上に関わる先端的構造技術、これらを統合したより高度な建築物耐震設計法に関わる教育・研究をおこなう。

建築学専攻・建築安全制御学

地震に対する建築物の総合的な「生活の質」向上を目指し、建築物の大地震に対する危険度評価手法に関する教育・研究とともに、安全性と快適性を兼ね備えた質的に高度な建築物を実現するための安全制御手法、信頼性設計法、防災計画法に関する教育・研究をおこなう。

建築学専攻・風環境工学

台風は地震とともに日本における自然災害の主要因の1つである。本分野では、台風などの強風に伴いどのような災害が起こるかを予測するとともに、それらの防御および低減方法について、建築物の耐風設計の観点から教育・研究をおこなう。都市化の進行とともに、我々を取り巻く風環境や強風災害の様相も複雑化しており、これを正確に把握し快適な都市作りを目指す為の理論と手法の教育や研究も本分野が担う重要な役割である。

建築学専攻・空間安全工学・地震環境工学

複雑化する都市空間および建築群に潜む災害と環境ポテンシャルを正確に評価するとともに、現在および将来における災害と環境リスクを的確に算出、それに対する効果的な低減対策方法の構築を目指した理論的・実践的な研究をおこなう。特に、大地震やそれに伴って発生する同時火災に対して、都市空間の安全性と機能性を確保するための理論的・実践的研究・教育をおこなう。

建築学専攻・空間安全工学・都市防災計画

大地震火災時の市街地火災による被害の推定および被害抑止対策を適切に行う ための、物理的基盤に立脚した市街地火災延焼モデルの開発、および火災気流 の影響の下での市街地住民の避難性状予測手法の研究をおこなう。また都市を 構成する建築物の火災安全設計を柔軟化し、風格ある市街地の形成に寄与する ために、性能的な火災安全設計規準および工学的予測手法の構築に向けた研究 をおこなう。

地球環境学堂・地球親和技術学廊・人間環境設計論

美しい自然から災害を起こす自然まで、多様な姿で示される地球自然の秩序を、長い歴史の中で繰り返されてきた自然災害と人間居住の相克から学び、人 間に与え得る快適性と安全性を地球自然の許容に納め、自然・生態系に低負荷 な地域社会・コミュニティの形成に資する都市や建築の設計技術を、その実践性と持続・継承性から峻別し発展させる研究と教育を行う。